気になる~実際いくらかかるの?

保険適用割合はプランにより異なる

ペット保険は、飼っている動物の種類と大きさにより細かく分類されているので、一概に料金がいくらという判断は難しいでしょう。最も分かりやすい犬用のペット保険を例に挙げれば、小型犬・中型犬・大型犬といった分類を行う保険会社と血統書付きの犬の場合には犬種別の料金体系を導入しているケースがあります。犬種により性格が異なるので、病気にかかった時だけでなく傷害保証も考慮に入っています。 更に医療保障については保険適用割合が50%プランと70%プランが一般的です。月3000円から5000円程度のプランを選択する人が多く見受けられます。人間用とは異なり、リスク割合を正確に計算した上で破綻しないように制度設計されている特徴があるのです。

手術費用については上限がある

人間用の健康保険とは異なり、ペット保険では保障内容に一定の制限があります。手術費用についても回数制限と保険適用額に上限が設けられています。国からの補助が入らない民間の保険となるために、医療保障や傷害補償については全て保険料で賄われるので、年間で通院出来る回数の制限と共に手術費用に対する保障にも上限が設けられているのです。 ペット保険では加入可能年齢が限られており、若い時から加入していればそれだけ保険料が安く済むように制度設計されています。保険会社やプランによっては免責事項が設けられているので、月2000円以内で保障内容が手厚い場合には免責事項をよく確認しておく必要があります。1万円以上かかった治療費の分のみを保障するなどの免責事項がある格安ペット保険には注意が必要となるわけです。