補償内容と料金ってどうなの?

通院の補償と入院の補償

ペット保険の中で、最も利用が多いのが通院補償ですね。病気だけでなく、怪我で動物病院に通う場合でもしっかり保険が効きます。大手のペット保険会社を例に挙げると、1日当たり1万円を限度額に、年間を通して20日間の補償が出ます。 入院補償も需要がありますよ。自宅で治療が困難な病気の場合、動物病院に入院となりますが、この場合、1日当たり2万円を限度として、年間30日まで補償を受け取ることが可能です。もちろんペット保険会社によって、金額の方は変わってきますので、これらはあくまでも一例です。このほか、手術が必要になった際に、1回当たり10万円まで補償が効く場合があります。2回目の手術が必要な場合は、1回目と違う病気の場合に保険が出ることが多いですね。

ペット保険には車いす補償がある

かわいがっているペットが事故により、歩行できなくなった場合、車いすのような歩行補助の装備を利用することができます。ペット保険会社によっては、この補助装具に保険が効く場合があります。例を挙げると、最大10万円まで補償が出る保険会社があります。 ただし、事故が原因の場合に限ります。遺伝性の疾患、先天性異常、あるいはペット保険に入った時にすでに発病していたケースでは、補償の対象になりません。 この他、亡くなったペットにペットセレモニーを行う場合、最大3万円の補償が出ることがあります。ペットセレモニーにも種類がありますが、ペット保険を利用することで、火葬費用などの出費が軽くなります。 また、ペット保険は平均して2、3日で、支払いを受けることができます。